視覚に障害のある選手が鈴の入った球をゴールに向けて交互に投げ、得点を競うゴールボールは、第2次世界大戦で目が見えなくなった傷病軍人のリハビリとして欧州で考案されました。パラリンピックでは、1972年のハイデルベルク大会(当時は西ドイツ)で公開競技になり、76年のトロント大会(カナダ)で正式種目となりました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます