朝日新聞東京本社で3月26日、シンポジウム「動き出すパリ協定、選ばれる企業」が開かれた。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の運用ルールが決まり、世界で「脱炭素」の動きが加速している。持続可能な社会の実現が重要な課題となるなか、投資家や消費者に選ばれる企業のあり方について、専門家や企業の担当者が…

無断転載・複製を禁じます