東西文化が交わったシルクロードを代表する世界遺産、中国の敦煌莫高窟(ばっこうくつ)が、日本の技術協力で「クローン文化財」として大規模に複製されることになりそうだ。観光客の急増による劣化を防ぎ、後世の修復で失われた千年以上前のオリジナルの姿の再現も目指す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます