福井大学は、全身麻酔に使う鎮静薬など3種類の薬の量を自動で調整する「ロボット麻酔システム」を開発したと発表した。使う量を間違うなど人為的なミスを減らせ、麻酔科医の負担軽減につながるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます