横綱白鵬が引退後も角界に残り、相撲道に生涯を捧げる決意を固めた。17日、日本国籍取得の手続きを進めていることを認めた。法的に認められれば、白鵬は引退後には「親方」として年寄名跡を取得し、日本相撲協会で活動を続けることが出来る。▼社会面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます