出荷前の完成車の不正検査問題で、スズキは18日、ワゴンRやハスラーなど29車種計約202万1590台(2015年5月~19年2月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。同省に届けられたリコール1件あたりの対象台数としては、15年3月のスズキの約199万台を抜いて過去最多。国交省は19日午前から、浜松市のスズキの本社に立ち入り検査する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます