国内の景気について、政府は18日、4月の判断を3月のまま据え置いた。月例経済報告で「このところ輸出や生産の一部に弱さもみられるが、緩やかに回復している」とした。その判断は妥当なのか。

無断転載・複製を禁じます