東京都大田区長選と神奈川県大和市長選で多選や「多選自粛条例」が論点の一つになっている。いずれも自粛条例で「任期は連続3期まで」としていたが、4選を目指して立候補したためだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます