長野県立こども病院(長野県安曇野市)は19日、体重258グラムの男の子が昨年10月に生まれ、無事に退院できる見通しになったと発表した。男の子は栄養管理などを受けて3374グラムに。退院は20日の予定。元気に退院した男児の出生時の体重としては、世界最小になるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます