トランプ米政権の「ロシア疑惑」を捜査したマラー特別検察官の報告書は、なりふり構わず追及の手を逃れようとするトランプ大統領の姿を克明に記した。追及の場は議会に移り、次のヤマ場はマラー氏の議会証言だ。大統領の疑惑をどう裁くのか。米国の三権分立が試されている。ワシントン=渡辺丘、土佐茂生…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます