18日午後11時45分ごろ、北海道夕張市高松の市石炭博物館から白煙が見えると職員から消防に通報があった。市消防本部によると、建物から地下に続く「模擬坑道」付近から出火したとみられる。消防は坑道に水を流し込み、水没させて消火を進めている。石炭層に燃え移った恐れがあり、消火には時間がかかりそうだ。けが人はいなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます