飲酒運転をしたとして、警視庁は19日、警備1課の男性巡査(23)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。群馬県内で信号待ちした際に車内で寝込んで110番通報され、発覚したという。巡査は同日辞職し、群馬県警は道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで巡査を書類送検した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます