障害者を「不良」とみなしていた旧優生保護法(1948~96年)の影は、いまも残っているのでは――。聴覚障害のある親から生まれた人たちは、自らの経験を振り返り、そう感じると語ります。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます