フィギュアスケートの羽生結弦選手(24)の冬季五輪2連覇をたたえようと、出身地の仙台市がモニュメントを制作した。20日、市内でデザインの発表式があり、出席した羽生選手は「モニュメントとして歴史に刻まれるのはすごいこと。連覇できたことに誇りを持ちたい」とあいさつした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます