長野県安曇野市の県立こども病院で、昨年10月に258グラムで生まれた軽井沢町の関野竜佑(りゅうすけ)ちゃんが20日、退院した。通常より4カ月ほども早いという、超早産から約半年。病院や両親の様々なケアや工夫が実って、この日を迎えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます