ミレニアル世代で同性愛、人口10万人の中西部の市長――。2020年の米大統領選に向けた民主党の候補者選びで、異色の候補が脚光を集めている。インディアナ州サウスベンドのピート・ブダジェッジ市長(37)。1カ月ほど前はほぼ無名だったが、瞬く間に主要候補の仲間入りを果たした。今一番勢いに乗っている候補だ。当選すれば史上最年少、初の同性愛者の米大統領となる同氏にチャンスはあるのだろうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます