AP通信などによると、爆発が起きたスリランカ・コロンボの「聖アンソニー教会」と三つのホテルは外国人観光客が頻繁に訪れる場所だという。この日はキリスト教のイースター(復活祭)で、教会は礼拝に訪れる人でいっぱいだった。そのうちの一つ、シャングリラホテルのレストランは爆発で天井や窓が吹き飛んだ。焼け焦げた室内では電線が天井から垂れ下がり、テーブルはひっくり返っていた。爆発があった教会近くに住む男性はAP通信の取材に、「爆風で周囲のビルも揺れた。傷ついたたくさんの人たちが救急車で搬送された」などと説明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます