スリランカのキリスト教会などで起きた21日の連続爆発事件は、内戦終結後の10年間続いた平穏な社会に衝撃を与えた。外国人やキリスト教徒を狙ったテロとみられ、事件に遭遇した人たちは不安を口にした。地元メディアでは、過激思想や、仏教徒と少数派の対立を指摘する声がでている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます