医者が手術を練習するためのリアルな肝臓のモデルを、伊那食品工業(長野県伊那市)や丸紅情報システムズなど4社がつくった。3Dプリンターや植物由来の素材を使い、形や質感を実物に近づけた。このモデルが普及すれば、動物愛護にもつながる可能性があるという。手術の練習と動物愛護の意外なつながりとは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます