新市場の開拓をねらうスタートアップ企業の社員は、仕事先との連絡にSNSを多用している――。こんな傾向がスタートアップ支援会社「Creww(クルー)」のネット調査でわかった。大企業の社員はメールや電話をよく使うのに対し、回答したスタートアップ社員の6割以上がフェイスブックのアプリ「メッセンジャー」を使っていたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます