22日の東京株式市場で、大和ハウス工業の株価が4営業日ぶりに反発した。アパートの建築基準法違反の問題を12日に公表してから株価は下落傾向だったが、19日に発表した2019年3月期の業績見通しが堅調で、経営への影響の懸念が和らいだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます