卓球の世界選手権個人戦は22日、ハンガリー・ブダペストでダブルス種目の本戦が始まり、日本勢は6ペアが全て勝ち残った。混合は2連覇を狙う吉村真晴(名古屋ダイハツ)、石川佳純(全農)組、1月の全日本選手権を制した森薗政崇(岡山)、伊藤美誠(スターツ)組がともに3回戦進出。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます