ニュージーランド南部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)で起きた悲惨な銃乱射事件後、同国のアーダーン首相がイスラム教徒への連帯を示す姿勢や銃規制強化などの迅速な対応で、世界中から高い評価を集めました。アーダーン氏はもうすぐ1歳になる女の子の母親でもあり、昨年は現役首相として産休を取得したことでも話題になりました。ニュージーランド社会が、アーダーン氏のように働く母親に寛容なのはなぜなのでしょうか。その背景を探ってみました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます