10連休などの観光シーズンを前に、最上川の観光船を運航する最上峡芭蕉ライン観光は23日、山形県戸沢村古口の戸沢藩船番所で安全運航の祈願祭を開いた。戸沢小学校4年26人が「最上川舟唄」を披露し、大きな拍手を受けた。観光船に試乗した大川蒼葉君(9)は「緊張しました。これほど大勢の大人の前だとは思わなかった。でも拍手はすごく気持ちよかった」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます