原爆投下時刻の午前8時15分で止まった時計が、25日にリニューアルオープンする広島平和記念資料館(広島市中区)の常設展示に加わる。原爆により11歳で孤児となった男性が、「家族が生きていた証し」として託した品だ。資料館の一角で、核兵器の非人道性を伝え続けていく。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます