電波を用いて、屋内にいる人の心拍や呼吸、体の動きを計測するワイヤレスセンサーの開発に成功したと、北九州市立大国際環境工学部の梶原昭博教授(電子通信工学)が発表した。動き回る複数の人を同時に計測できる「世界初」の技術を備えているといい、家庭での見守りや、職場での健康管理などへの活用を見込んでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます