来年1月にある台湾総統選で、野党の国民党は24日、公認候補を決める予備選に南部の高雄市長の韓国瑜氏(61)を参加させると発表した。すでに立候補を表明した鴻海精密工業会長の郭台銘氏(68)らとともに選考の対象とし、6月以降に世論調査の結果をもとに候補を絞り込む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます