【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、シングルス3回戦で男子は張本智和がマルコス・フレイタス(ポルトガル)に4―0で快勝し、丹羽孝希とともに16強入りした。水谷隼は鄭栄植(韓国)に3―4で惜敗。森薗政崇も敗退した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます