女性の部位別がん罹患(りかん)率でトップとされる乳がん。治療で失った乳房の再建のため、腹部などから取り出した脂肪を欠損部に注入する方法が広まるなか、横浜市立大付属市民総合医療センター(横浜市南区)が、患者の脂肪から取り出した「幹細胞」を培養し、脂肪に混ぜて注入する新たな方法での乳房再建を始めた。注入した脂肪の定着率が向上する効果があり、従来の方法より注入回数が減って患者の負担も減るという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます