テレビ東京は25日、同局のアニメ「けものフレンズ2」に関連して、SNS上で不適切な発言をした担当プロデューサーを異動させたことを明らかにした。視聴者からの意見を皮肉ったり、あおったりしたやりとり全般が不適切だったと同日の定例会見で説明。小孫茂社長は、「(メディアは)視聴者さんからのいろんなご反応については、常に真摯(しんし)に受け止めるようにあるべき」だとの見解を示し、「視聴者にどのような反応を届けられたとしても、きちっと真正面から受け止めるという姿勢はテレビ東京は堅持していかなければいけない」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます