2005年4月に兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山線)で電車が脱線し、107人が死亡、562人が負傷した事故は25日、発生から14年となった。現場一帯は昨年9月、「祈りの杜(もり)」として整備され、初めて追悼慰霊式の会場になった。様々な思いを胸に遺族らが集った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます