卓球の世界選手権個人戦は25日、ハンガリーのブダペストで男子シングルス4回戦があり、15歳で高校1年の張本智和(木下グループ)は安宰賢(韓)に2―4で敗れ、大会史上最年少のメダルを逃した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます