2020年の米大統領選の民主党候補者指名争いに向けて、オバマ米政権の副大統領だったジョー・バイデン氏(76)が25日、正式に立候補を表明した。20人が乱立するなか、政治経験や知名度で群を抜くバイデン氏は各世論調査でトップを走る。ただ、任期中に80代を迎える高齢を懸念する声もあり、首位の座を守りきれるか注目される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます