保釈後に再逮捕された日産前会長カルロス・ゴーン被告について、東京地裁は改めて保釈を認めた。前会長の事件で、検察の主張がそのまま認められなかったのは、勾留延長の請求と合わせて4回目になる。証拠隠滅の可能性を厳密に検討し、裁判準備の必要性も考慮するという裁判所の姿勢が鮮明になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます