予期せぬ病気の発症により、子どもが亡くなる突然死。多くは心臓病が原因で、学校ではかつて年間50~80件ほど起きていたが、学校に自動体外式除細動器(AED)が普及するようになったことなどで、近年は20~30件に減っている。それでも、学校での死亡事故の3割を占めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます