茨城県内で長年行われていながら、実態がよく分かっていない夏の行事「盆綱(づな)」について、県教育委員会の調査が始まった。担い手となる子どもの減少で近年、急速に行事が行われなくなっているといい、全体像を記録に残すため、県教委は実施状況や行事内容を3年かけて調べ、報告書をつくる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます