宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ(IST)」の開発したロケット「MOMO」3号機が国産の民間単独開発のロケットとして、初めて宇宙空間に到達した。突破した高度100キロは「カーマン・ライン」と呼ばれる宇宙への入り口で、ロケットが達成すべき最初の関門だ。活用が広がる小型衛星の打ち上げビジネスへの参入をめざす同社にとって、新たなロケット開発への第一歩となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます