19世紀末のウィーンでは、都市の発展に伴い、絵画や建築など分野の境を取り払った新たな芸術表現が生まれ、印刷技術の発達もあって市民に浸透した。この時代の芸術を様々な視点で切り取った展覧会が、東京都内の3カ所で開かれている。時代をリードしたグスタフ・クリムト(1862~1918)の油絵や素描は、3展で…

無断転載・複製を禁じます