ニューヨークの国連本部で開かれている核不拡散条約(NPT)再検討会議の第3回準備委員会で、広島への原爆によって母親の胎内で被爆した男性がスピーチした。核軍縮に逆行する動きが相次ぎ、NPT体制の維持が危ぶまれるなか、「被爆の実相」を各国代表に伝え、核廃絶を訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます