北朝鮮は4日午前9時6分から27分ごろにかけて、咸鏡南道の東海岸、虎島半島付近から、飛翔(ひしょう)体数発を日本海に向けて発射した。飛翔体は日本海上の約70~200キロ先まで到達した。韓国軍合同参謀本部が発表した。米韓当局が詳細を分析している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます