広島県内の幅広い業種で人手不足が続いている。広島労働局がまとめた2018年度平均の有効求人倍率は前年度より0・2ポイント上昇して2・08倍となった。1973年度以来の2倍台で、「人手不足の状況は続きそうだ」(同労働局)という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます