トランプ米政権と朝鮮半島の非核化をめぐる協議を進めてきた北朝鮮が4日、日本海に向けて「飛翔(ひしょう)体」を相次いで発射した。自国の体制を引き締め、完全非核化を迫る米国を牽制(けんせい)する狙いとみられる。ただ、飛行距離は最長200キロと短く、北朝鮮は米国の対応をみて「次の一手」を決める作戦とみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます