JR東日本の高級列車で提供される「食」が今春、相次いで刷新された。新幹線のファーストクラスと呼ばれる「グランクラス」では、一流の和食料理人が監修役に就任。豪華寝台列車「トランスイート四季島」ではフレンチのシェフが2代目の総料理長となった。沿線の食材にこだわり、旅を演出する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます