昨年7月の水害復興支援の一環でラオス南部のアタプー県に小学校を建てようと募金活動をしていた沖縄県内の高校生の代表3人が、3月26日から4月6日までラオスを訪れ、アタプー県知事に寄付金400万円を届けた。浦添市の国際協力機構(JICA)沖縄で4月28日、学校建設プロジェクトの報告会があり、高校生らが募金活動や現地の様子などを報告した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます