お茶の水女子大学付属中(東京都文京区)で秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまの机に刃物2本が置かれた事件で、建造物侵入容疑で逮捕された住所、職業不詳の長谷川薫容疑者(56)が「刺すつもりだった」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。実際には刃物を置いただけで、「殿下に自分が来たことを知ってほしかった」とも述べているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます