今年1月24日に大腸がんを公表し、リハビリを続けてきたプロ野球阪神の原口文仁捕手(27)が実戦復帰を果たした。8日、ウエスタン・リーグの中日戦(兵庫県西宮市の鳴尾浜球場)の八回に代打で途中出場し、結果は右飛だった。今後はプレーヤーとして1軍昇格を目指すとともに、病に直面したからこそ知ってほしい思いを発信していくつもりだという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます