北海道の鈴木直道知事は8日、胆振東部地震で被災した厚真、安平、むかわの3町を就任後初めて訪問した。仮設住宅への入居期限が原則2年とされていることを被災者が不安に感じていることについて「一律の期限で判断していくのは難しい実情があることを把握した」と発言。柔軟に対応していく考えを示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます