イランは8日、核合意の履行を一部停止すると表明した。トランプ米政権のイラン敵視政策で経済的に追い込まれ、「国際社会との約束をほごにするのも辞さない」と揺さぶる狙いだ。だが、トランプ政権は空母を中東に派遣するなどイランに対する軍事圧力を強め、緊張が高まっている。欧州諸国は合意維持をめざすが、米国の制裁を恐れ、現時点では手詰まりだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます