かつて「ウォーナー伝説」が得々として語られていた時代があった。アメリカ人の美術史家ウォーナーさんのお蔭で、京都と奈良の古寺や古美術が救われたんだ、というまことにうるわしいお話である。中学生時代のころこの伝説を信じ、ウォーナーが来日したときなんか、その頭から後光がさしているように、無邪気なわたくしは…

無断転載・複製を禁じます