名古屋市港区の食品リサイクル工場「バイオプラザなごや」が、排水基準を超える汚水を名古屋港に流していた事件で、名古屋地裁は8日、水質汚濁防止法違反の罪に問われた工場の運営会社「熊本清掃社」(熊本市)に罰金50万円(求刑罰金50万円)、同社の元社長、村平光士郎被告(47)=名古屋市熱田区=に懲役6カ月執行猶予3年(求刑懲役6カ月)の判決を言い渡した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます